東洋医学を取り入れて緑内障を抑制!生活を見直すことも大事

年を取ると病気になりがち

年を重ねると、白髪が目立つようになるなど、身体が老化します。また、病気になるリスクが高くなります。その病気の中で白内障と緑内障は、年配の人がかかりやすい病気と言われているので注意すべきです。

白内障と緑内障の違い

白内障

目の水晶体が白く濁ってしまい、目がかすんだり視力が落ちたりする症状です。高齢になればなるほど、白内障にかかりやすくなります。

緑内障

視野が狭くなったり、視野が欠けたりしてしまう病気のことを指します。発症してしまうと、改善ができないので、症状を抑えることが大事になってきます。

東洋医学を取り入れて緑内障を抑制!生活を見直すことも大事

婦人

食生活を見直そう

緑内障は目にできる病気です。症状を抑えるためには、目に栄養を行き渡らせる必要があります。目の健康に良いとされる、ビタミンBやビタミンCなどを多く含んだ食物を摂取すると良いでしょう。

男の人

日頃の運動は大事

東洋医学では、陰と陽のバランスを保つことが大事であると考えられています。このバランスを整えることで、緑内障の症状の抑制に繋がります。バランスを整えるためには、有酸素運動を取り入れましょう。

男女

漢方を取り入れよう

東洋医学では、漢方が治療薬となります。漢方には、緑内障の症状を抑えるための効果が期待できるものがありますので、漢方薬局に相談してみましょう。

西洋医学と東洋医学を組み合わせよう

緑内障の治療には西洋医学が欠かせませんが、東洋医学を取り入れることにより、効果的に治療ができるようになります。

広告募集中